天照大神とはどんな神か?伊勢神宮を参拝するなら是非知っておきたいこと

日本神話の神

天照大神(あまてらすおおみかみ)と言えば、良くご存じの方も多いと思います。

天照大神は、高天原と呼ばれる天上の世界を統治する最高の神と言われています。皇室の祖先でもあり、日本人の総氏神様としても崇敬されております。

また、万物を照らす神であり、太陽の化身ともされている神なのです。天照大神は、伊勢神宮の内宮にお祀りされておりますので、一度は参拝に行ってみたいと思っている方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は伊勢神宮の参拝にも役立つ天照大神の神話や、「天照大神」をお祀りする伊勢神宮の起源、ご利益、ご神札などについても、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

天照大神にまつわる有名なエピソード「天岩戸神話」

天上の世界である「高天原」において、「天照大神」の弟神である「素戔嗚尊」(すさのおうのみこと)の乱暴に驚いた「天照大神」は、「天岩戸」(あめのいわと)と呼ばれる洞窟に身を隠したのです。

注1.)
古事記においては、「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)と表記されています。

その結果、世の中は日の光を失って闇に包まれてしまい、災いが発生したのです。そこで神々が集まって、「天岩戸」の前で踊り、大笑をして騒ぎました。そうすると「天照大神」は、何が起きているのかと思い「天岩戸」から出てきたと言われている有名なエピソードです。

スポンサーリンク

天照大神はどのような神なのか?

天照大神
出展:Japaaan

天照大神について神話の記述を見ると、天照大神は「国生みの神」で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子神であるとされています。

天照大神の誕生物語

国生み神話
出展:神社本庁

天上の世界である高天原に最初に現れた神である「天之御中主神」(あめのみなかぬしのかみ)は、「伊邪那岐命」(いざなぎのみこと)と、「伊邪那美命」(いざなみのみこと)に、 大地を完成させるように命令します。

「伊邪那岐命」(いざなぎのみこと)は、妻である「伊邪那美命」(いざなみのみこと)とともに、
高天原(たかまがはら)からくだり、日本の国土と神々を生むことになります。また、初めて結婚した神様としても知られています。

日本列島は、最初に淡路島が生まれ、その後、淡路,伊予 (四国)・隠岐・筑紫 (九州)・壱岐・対馬・佐渡が生まれ、最後に大倭豊秋津島 (本州) が生まれていきます。これらの島は全部で八つあったことから、「大八島国」(おおやしまのくに)と言われておりました。更には小豆島など六島を生んで、国生みを終了することとなります。

国生みを終えた後、「伊邪那岐命」(いざなぎのみこと)と、「伊邪那美命」(いざなみのみこと)は、山や海、そして風などの神様を生んでいきます。その数は、全部で三十五柱にのぼります。しかし、火の神である「加具土命」(かぐつちのかみ)を生んだときに、その火によって命を落とすことになります。

スポンサーリンク

「伊邪那岐命」は、火の神を生んで絶命した伊邪那美命を追って「黄泉の国」に行きますが、
禁忌をやぶったため伊邪那美命と争いとなり、逃げだして地上に戻り、筑紫の阿波岐原(あわきはら)で禊(みそぎ)をします。まず最初に左目を洗うと「天照大神」が生まれ、その次に右目を洗うと「月読尊」(つきよみのみこと)が生まれ、最後に鼻を洗うと「須佐之男命」(すさのおのみこと)が生まれました。

この最後に生まれ落ちた「天照大神」「月読尊」「須佐之男命」の三神を尊い神として「三貴子」(みはしらのうずのみこ、さんきし)と呼んでいます。

日本神話の神はすごい!建国2600年以上経っても伝承される神とは?
「古事記」や「日本書記」に描かれている日本神話には、天上世界「高天原」と地上世界「葦原中国」の多くの神々が描かれています。日本では、森羅万象のあらゆる...

天照大神とはどんな神様?

三貴子の一柱である「天照大神」は、父神である「伊邪那岐命」に命じられ、天上の世界である「高天原」を治めることになります。

「高天原」の最高神となった「天照大神」は、乱暴者である弟神「須佐之男命」を恐れて、天岩屋という洞窟に、たてこもってしまいます。すると、高天原も地上の世界も真っ暗になり、閉ざされることとなります。

困り果てた神々は、一計を案じ「天照大神」を外におびき出すことに成功します。その結果、世の中は再び明るさを取り戻すことになります。このことが示しているように「天照大神」は、太陽の神であるということを証明しています。

その後「天照大神」は、地上の世界も統治することになります。「天照大神」は、孫神である
「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)に、地上の世界である「葦原中国」を統治するように命令をします。「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)は、天上の世界である「高天原」から日向(ひゅうが)高千穂峰に天降ったとされています。

高千穂は神が降臨した神話の里!一生に一度は訪れてみたい高千穂神社
「天照大神」(あまてらすおおみかみ)の孫神である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、高天原から降り立った伝説の地である宮崎県高千穂町。皇祖の神々を祀る高千穂...

「天照大神」は、地上に天降る「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)に、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、 八咫鏡(やたのかがみ)、「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)を託しました。

「天照大神」は、 八咫鏡(やたのかがみ) を 「天照大神の魂として仕え祀るように !」と申し添えたそうです。

この八咫鏡(やたのかがみ)は、「天照大神」のご神体として、伊勢神宮に祀られています。

スポンサーリンク

天照大神を祀る伊勢神宮の起源とは?

伊勢神宮 内宮
出展:HISTRIP

「天照大神」のご神霊である「八咫鏡」は、もともと宮中で祀られていましたが、第十代「崇神天皇」(すじんてんのう)の時代に疫病がはやり、天皇が神に神意を伺うと、宮中に「天照大神」と「倭大国魂神」(やまとのおおくにたまのかみ)の二神を一緒に祀っていることが災いのもとだとわかり、二神を宮中の外に祀ることとなります。

「天照大神」は、大和の笠縫邑(かさぬいむら)に祀られました。

その後、第十一代の「垂仁天皇」(すいにんてんのう)の御代に、「天照大神」のご神霊は、「倭姫命」(やまとひめのみこと)に託され、 約80年ほどの時をかけ、近江や美濃を経て 「八咫鏡」は伊勢の地に鎮座し、伊勢神宮が創建されることとなります。

スポンサーリンク

伊勢神宮と天照大神のご利益

伊勢神宮のご利益

年間約1000万人の人が参拝者に訪れるという伊勢神宮。ご利益も大きいと思われがちですが、伊勢神宮では、個人的なご利益祈願は避けるようにといわれています。

伊勢神宮の2つの正宮(内宮と外宮)は、個人的なご利益をお願いする場所ではありません。神様に日頃の感謝をお伝えするところです。 

天照大神のご利益

天照大神のご利益は、「国土安泰」「開運」「福徳」「勝ち」とされています。また、太陽の女神であることから「生命力上昇」「五穀豊穣」「子孫繁栄」というご利益がいただけます。

また、神棚があるご家庭(無くても大丈夫)は、伊勢神宮のご神札(神宮大麻)をいただくと 御神徳がいただけると思います。

神棚に神宮大麻と氏神様のお神札をお祀りし、神様に日々の感謝を捧げ、家族の幸せを、お祈りして下さい。

スポンサーリンク

伊勢神宮のご神札とお守り

神宮大麻
出展:神宮

伊勢神宮のご神札

伊勢神宮のお神札は「神宮大麻」(じんぐうたいま)と呼ばれ、お正月を迎える前に、日本全国の神社を通してお配りされています。 一年間で全国で約900万枚ものお札がお配りされています。この神宮大麻は、全国の神社でお配りされていますので、伊勢神宮で授与される必要はありません。

神宮大麻は、3種類あります。上記画像の通りです。

神宮大麻の授与所

内宮神楽殿
出展:神宮

伊勢神宮の「神宮大麻」の授与所は、2か所です。一つ目は、内宮神楽殿で向かって左側にあります。もう一つは、外宮神楽殿で、これも向かって左側です。

神宮大麻の頒布については、お近くの氏神様や各都道府県にある神社庁におたずねください。

外宮神楽殿
出展:神宮

伊勢神宮のお守り

伊勢神宮 内宮のお守り
出展:神宮

伊勢神宮のお守りとご神札は、内宮と外宮の二か所でいただくことができます。「御守」「交通安全御守」「開運鈴守」「学業御守」「厄除御守」「安産御守」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました