高千穂は神が降臨した神話の里!一生に一度は訪れてみたい高千穂神社

日本神話の神

「天照大神」(あまてらすおおみかみ)の孫神である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、高天原から降り立った伝説の地である宮崎県高千穂町。

皇祖の神々を祀る高千穂神社をはじめ、国見ケ丘や天安河原など、古事記や日本書記に描かれた神話の世界である高千穂。一生に一度は是非行ってみたい古代日本が始まったとされる神秘の姿。高千穂をご紹介します。

スポンサーリンク

神が降臨した高千穂はどんな所?神話の里と呼ばれれるその理由とは?

高千穂峡
出展:SPOT

高千穂は、神が降臨された信仰の場所として注目を集めています。「天照大神」の孫神である「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)が、三種の神器と稲穂をたずさえ、さまざまな技能を持った神々を引き連れて、この高千穂に降り立ったとされています。

高千穂は日本有数の景勝地である高千穂峡の近くで、電車も通っていない山奥にあります。
この高千穂は、古事記における「天孫降臨」の場面に出てきます。日本神話の舞台の一場面であり、神話の里と呼ばれています。

高千穂が神話の里と呼ばれる理由とは

高天原は天上の世界ですが、高天原にあるとされている地が、実は高千穂にあるのです。「天岩戸」がその地です。たぶん古くから信仰された聖地と高天原の描写を、重ね合わせたものと考えられるのです。天孫降臨の地である高千穂に「天岩戸」がある。それが、神話の里と呼ばれる大きな理由です。

天照大神とはどんな神か?伊勢神宮を参拝するなら是非知っておきたいこと
天照大神(あまてらすおおみかみ)と言えば、良くご存じの方も多いと思います。天照大神は、高天原と呼ばれる天上の世界を統治する最高の神と言われています。皇...
スポンサーリンク

古事記や日本書記に描かれている高千穂の姿

高千穂
出展:skyticket

天孫である「瓊瓊杵尊」は、いったい高千穂のどこに天下ったのでしょうか?
古事記には、「竺紫(=筑紫)の日向の高千穂の久士布流多氣(くじふるたけ)に天降りまさしめき。」とあり、日本書記には、「日向の襲の高千穂峯(たかちほのたけ)に天降ります。」とあります。

日本神話の神はすごい!建国2600年以上経っても伝承される神とは?
「古事記」や「日本書記」に描かれている日本神話には、天上世界「高天原」と地上世界「葦原中国」の多くの神々が描かれています。日本では、森羅万象のあらゆる...

この地こそ、「槵触山」(くしふるやま)なのです。「槵触山」は、宮崎県西臼杵郡高千穂町にあります。「槵触山」をご神体とした神社が、「槵触神社」です。創建の年代は、良く分かっておりませんが、古くは「槵觸の峯」を御神体としてお祀りしていましたが、元禄7年(1694年)社殿を建立しました。

槵触神社は「瓊瓊杵尊」と、降臨時に一緒にしたがって天降った神々をご祭神として、お祀り しています。

通常であれば神社は、春と秋に大祭を行いますが、高千穂神社は「春祭」を実施し、 槵触神社 は、「秋祭」が行われています。 秋の槵触神社例祭では、お旅所として神輿が安置され、神楽が奉納されています。

毎年十一月二十二日から翌二月中旬にかけて、重要無形文化財である高千穂の夜神楽、全三十三番が、各集落において一晩かけて奉納されます。また、「天照大神」の「天岩戸隠れ」を再現した舞も奉納されています。この起源は、神話の世界までさかのぼると言われております。

槵触神社 (くしふるじんじゃ)の社殿脇を200mほど進むと、南に連なる小高い丘で 「天孫降臨」後に、神々が高天原に向かって拝んだとされる「高天原遥拝所」(たかまがはらようはいしょ)があります。また、もともと高千穂には水が無かったのですが、「天村雲命」が再び高天原に上がられ、 高天原から「天真名井」(あめのまない)の水種を移したとされる水源があります。この水は、 御神水として信仰されています。

スポンサーリンク

最強のパワースポット槵触神社

槵触神社
出展:高千穂町観光協会

「くしふる峰」の中腹にある神社で、はじめは社殿もなく山そのものをご神体として祀り、高千穂八十八社のひとつに数えられていました。1694(元禄7年)当時の延岡藩主や村人たちの厚い信仰によって社殿が建てられました。

槵触神社は、あまり人の訪れない神社でありながら、天孫降臨の地だけあって、強烈なパワースポットとして知る人ぞ知る場所となっています。

神社のご祭神でもある「武甕槌命」(たけみかづちのみこと)と「建御名方命」(たてみなかたのみこと)が行った力比べが相撲のルーツとされています。

神社周辺には、神武天皇と兄弟神誕生の地と伝えられている「四皇子峰」(しおうじがみね)や、天孫降臨後、神々が遥拝した場所といわれている「高天原(たかまがはら)」など、神話にまつわる史跡が多く、散策コースが整備されています。

槵触神社の基本情報

  • 住所: 宮崎県 西臼杵郡高千穂町三田井713
  • 御祭神:瓊々杵尊(ににぎのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、天太玉命(あめのふとだまのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)
  • 御神木:杉
  • 御利益:諸願成就 (天児屋根命、天太玉命は歌の神)(経津主命、武甕槌命は武道の神)
  • 例祭日:10月16日 高天原四皇峯祭は10月15日
  • 入場料:無料
  • 問い合わせ先: 高千穂神社 0982-72-2413
  • 駐車場:あり
スポンサーリンク

神のパワーを感じる高千穂神社

高千穂神社
出展:カラフルNAVi

高千穂神社は、高千穂郷八十八社の総杜です。約1900年前の垂仁天皇時代に創建されています。「神社本殿」と所蔵品の「鉄造狛犬一対」は国の重要文化財に指定されています。

主祭神は高千穂皇神と十社大明神で、特に農産業・厄祓・縁結びの神をして広く信仰を集めています。高千穂皇神は日向三代と配偶神の総称です。十社大明神は三毛入野命をはじめとする10柱を祀っています。

神社本殿は平成16年に国の重要文化財に指定されています。また、本殿は1778年に再建されており、五間社流造で九州を代表する大規模な本殿となっています。

「鉄造狛犬一対」は、昭和46年に国の重要文化財に指定されています。この鉄造狛犬一対は
鎌倉時代に源頼朝が奉納したといわれております。

また、境内にある神楽殿では、毎晩20時~21時に観光客向けに高千穂神楽を奉納しています。
三十三番の神楽の中から代表的な4番「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」を公開しています。

高千穂神社の基本情報

  • 住所: 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
  • ご祭神:高千穂皇神(たかちほすめがみ)・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)・木花開耶姫命(このはなさくやひめ)・彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)・鵜鵝草葦不合尊(うがやふきあえずのみこと)・玉依姫命(たまよりひめのみこと)
  • 御神木: 秩父杉(樹齢800年)
  • 御利益: 縁結び・夫婦円満・諸願成就・農産業・厄祓
スポンサーリンク

高天原は実在しているのか?高千穂にある高天原の史跡

天安河原
出展:ロコナビ

本来は、高天原にあるとされている「天岩戸」とされる地が、この高千穂に実在しています。何と心躍ることでしょう。

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)

天岩戸神社 西本宮
出展:高千穂宮崎 japan

天岩戸神社には、西本宮と東本宮があります。東本宮は、天岩戸から出られた「天照大神」が住んでいた地とされています。天岩戸神社は、東西で一対となっている神社です。

また、宮崎のパワースポットといわれ、たくさんの方が参拝に訪れています。

天岩戸神社は天照大御神が、引きこもられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしています。天岩戸神話の舞台となった場所で、神秘であり、また神意を感じる場所となっています。 岩戸川をはさんで西本宮と東本宮が鎮座しています。

天岩戸神社 西本宮の基本情報

  • 郵便番号: 882-1621
  • 住所: 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073番地1
  • ご祭神:大日霎尊(おおひるめのみこと) 天照大神の別称   (天照大神がお隠れになられた天岩戸を御神体としてお祀りしています。)
  • 御神木:おがたまの木
  • 御利益:諸願成就
  • 注): 御神体である「天岩戸」は西本宮から拝観することができます。
       (社務所にて受付が必要です。)
  • TEL:0982-74-8239(天岩戸神社)
  • 交通:高千穂バスセンターから車で15分                     高千穂バスセンターから、宮崎交通バス天岩戸神社行き(約15分)天岩戸神社前下車
天岩戸神社 東本宮
出展:神社人

天岩戸神社 東本宮の基本情報

  • 郵便番号:882-1621
  • 住所: 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073番地1 (西本宮)
  • ご祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ) 天照皇大神が天岩戸からお出になられた後、最初にお住まいになられた場所を御祀りしている神社。
  • 注):御神体である「天岩戸」は祓い清めていただいた後に、西本宮から拝観することができます。

天安河原(あまのやすがわら)とは

天安河原
出展:SPOT

天安河原とは、別名は仰慕ヶ窟 (ぎょうぼがいわや)と言います。天照大神が岩戸にお隠れになったさい、八百万(やおよろず)の神々がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟です。

天安河原は、昔は社のみがあり信仰の対象となっていましがた、祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになり、現在では無数にある積まれた石が天安河原の神秘的な雰囲気をかもしだしています。

天安河原の基本情報

  • 住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸
  • TEL:0982-74-8239(天岩戸神社)
  • 御祭神:思兼神(おもいかねのかみ)、八百萬神(やおよろずのかみ)
  • 交通:天岩戸神社西本宮から岩戸川に沿って徒歩で約10分

コメント

タイトルとURLをコピーしました