姿のない神を祀る方法を知っていますか?神と御神体の本当の関係とは?

神社の見方

私たちは、神様の姿を見ることはできません。それは、神様は姿を持たない存在だからです。今回は、この姿を持たない神を祀る方法や神と御神体の関係について、解説してみたいと思います。「富士山」も霊峰富士といわれる御神体です。

スポンサーリンク

御神体とは どんなもの?

御神体の鏡
出展:西野神社

神社の本殿にお祀りされているのは、神そのものではありません。神は姿をもっておりません。その神が現世に現れるためには、神霊が寄り付く「依代」(よりしろ)というものが必要になります。それが御神体と呼ばれるものです。「御霊代」(みたましろ)あるいは「御杖代」(みつえしろ)と言います。

神社の境内にある「木」や「岩」も御神体ですが、本殿にお祀りされるのは、自然のものではなく「鏡」や「剣」「勾玉」などです。

何故ならば、「天照大御神」の依代とされるものは鏡です。また、「天津神」(天の世界の神)の霊力を移しこんだものが剣であったりするためと考えられています。

スポンサーリンク

日本の神々はいったいどこに降臨するのか?

日本の神々は、いつでもどこにでも降臨し、鎮座することのできる存在なのです。自然の木に降臨した神が鏡を御神体にしたとしても、何の不思議もないことなのです。

スポンサーリンク

御神体は誰が見る事ができるのか?

御神体は、たとえ神職であっても見ることはできないのです。伊勢神宮の御神体である「八咫鏡」(やたのかがみ)は明治天皇以来、「御船代」(みふなしろ)に収められたまま誰も見ることができていません。出雲大社の例を挙げると、御神体を無理に見ようとしたら、「大蛇に変身した」という逸話も残っております。

● 御船代とは?
御神体を納める御樋代(みひしろ)を更に納める器のことを指します。

スポンサーリンク

神が最初に降臨した山や木を御神体とする神社

神が最初に降臨した、自然の山や木や岩を御神体とする神社は、現在でもあります。
その代表的な神社をご紹介します。

御神体「甑岩」
出展:ルトロン

奈良県にある大神神社(おおみわじんじゃ)

奈良県 大神神社
出展:nippon.com

大神神社は三輪明神ともいわれ、日本で最古の神社とされています。大神神社には本殿がありません。後方にそびえる三輪山を御神体としているからです。古代の信仰形態を現在に伝えている貴重な神社です。

三輪山
出展:旅ぐるたび

上記画像の拝殿は、徳川家綱によって再建されたもので、奥には三輪鳥居とも呼ばれている三ツ鳥居があります。古来より、この鳥居を通して御神体の三輪山が拝まれているのです。

この拝殿と三ツ鳥居は重要文化財に指定されています。

長野県にある諏訪大社

諏訪大社
出展:ONBASHIRA

諏訪大社の「秋宮」は一位の木を御神体にしており、「春宮」は杉の木を御神体としています。従って、このように自然の木や岩ななどを御神体としている神社には、御神体を安置する本殿というものがありません。

●一位の木の名前の由来  
仁徳天皇がこの木で杓(しゃく)を作らせ、それが見事な出来栄えだったので、その当時の最高位の官位である「正一位」授けたという逸話からきていると言われています。

古くから尊い木とされ御神体や仏像に使用されています。

山は依代としての木や岩が集まっているもので、このような神体山信仰は、日本の各地に残っております。

長野県にある生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)

生島足島神社
出展:Hi-yorokonde

生島足島神社は池の中につくられた島にあり、扉の奥には御室と呼ばれる内殿があります。この内殿には床板がありません。それは、内殿の下にある大地を御神体としているからです。つまり大地の更に下の水中に座す神を直接拝しているものと考えられます。

この池を巡らせて神域とする島をつくる様式は「池心の宮園池」(いけこころのみやえんち)といわれ、出雲式園池の面影を残しており、日本でも最古の形式の一つとされるものです。

三重県にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

二見興玉神社

二見興玉神社も、自然を御神体としている神社です。

「二見興玉神社」は三重県伊勢市二見町江、立石崎に鎮座する神社です。海中に沈む「興玉神石」(おきたましんせき)を御神体としています。

この御神体である「興玉神石」は、御祭神である「猿田彦大神」縁りの霊石といわれております。また、猿田彦大神の化身ともいわれ、天孫降臨の際に猿田彦大神が立たれたとも伝わっています。

二見興玉神社は夫婦岩で有名ですが、この夫婦岩は沖合約700m先に鎮まる「猿田彦大神」縁りの霊石である「興玉神石」と、日の大神を遙拝するための鳥居とみなされています。

古くから神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがあり、現在でもまず「二見興玉神社」に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多いそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました