スポンサーリンク

信仰ごとに違う神使の役割!御祭神と縁のある動物が神の使いとなる!

神社の見方

神社の境内においては狛犬や狐のほかに、猿や牛や鳥などの動物の像を見かけることがあります。これらの動物は、神使(しんし)と呼ばれています。これらの動物は、狛犬とは全く違う役割を持っています。

今回は、興味深いこれら神使(しんし)の動物たちについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

「神使」の意味とは?

神使である「うさぎ」
出展:住吉神社

「神使」とは、「神のお使い」のことを言います。その神社の御祭神の使いを仰せつかった特別の動物のことで、別名「眷属」(けんぞく)とも呼ばれています。従って「神使」には、御祭神を祀った神、神社(寺社)が必ず存在し、その「御祭神」と特別な由縁にあるのが「神使」ということになります。

「神使」は「御祭神」の意思を信者に伝えたり代行したりします。さらに「神使」は「御祭神」の眷属とされる場合もあり、また守護神の場合もあります。

御祭神と神使の由縁

宇迦之御魂神

神使として誰でもが、すぐに思いつく動物は、やはり「狐」でしょう。

稲荷神社には必ず狛犬の代わりに「狐」が本殿の両脇に鎮座しています。「狐」は、御祭神である「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)を、お守りする役目を果たしています。

「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)は、穀物や稲の神様とされており、春になると里に降りてきて豊作をもたらし、秋になると山に帰って行くと考えられております。

「狐」もまた、春になると山から降りてきます。そのため、「狐」が 「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)の神使とされたものと考えられます。

伏見稲荷大社のおきつね様に会いに行こう!参拝に行かなきゃ何も始まらない!
「お稲荷さん」と言えば「きつね」を想像される方も多いと思います。 私たちにとって、もっとも身近な神社が「お稲荷さん」です。 全国にある稲荷神社の数は、約32...

また山に住む「狼」も「大神」(おおかみ)につながる動物として、「御岳神社」や「三峰神社」の神使とされています。

スポンサーリンク

神の使いである「神使」にはどんな動物がいるの?

神使像
出展:神使像めぐり

神様と動物の組み合わせはほとんど決まっております。「神使」とされている代表的な動物には、下記のようなものがあります。

動物          神・神社
ねずみ大黒様 (大豊神社)
うさぎ住吉神社
  狼 日本武尊(やまとたけるのみこと、三峯神社)
白鷺 日本武尊(やまとたけるのみこと、白鷺神社)
八幡神(八幡宮)
うなぎ 大山祇神(三嶋神社)
二荒山神社
鹿 春日神社、鹿島神宮
日吉大社、浅間神社
伊勢神宮
諏訪大社
伏見稲荷
カラス 熊野三山
天神(天満宮)

その他にも「神使」とされている動物には、猫・龍・獅子・象・虎・蛸・鯰(ナマズ)・蟹・鯛・羊・ 蛙・蛇・海蛇・馬・亀・河童・鯉・狸・犬などがおります。

牛を神使とする天満宮や天神社

北野天満宮

「天満宮」や「天神社」の神使は牛です。

菅原道真を祀る「天満宮」や「天神社」には、必ず「牛」が寝そべっています。この牛は「撫牛」(なでうし)といって、体の悪いところと同じ部位を撫でれば治ると言われています。

北野天満宮の「撫で牛」

菅原道真の遺体を牛車に載せて運んでいると、牛が突然動かなくなり、それが道真の意志だとして、その場所に埋葬したことから、牛が「天満宮」の神使になったと言われております。

また、菅原道真は、丑年の丑の日の丑の刻に生まれたと言い伝えられ、牛が菅原道真を刺客から守ったなどの伝説から、牛とは切っても切れない由緒があるようです。

鳥を神使とする伊勢神宮や石上神宮

奈良県 石上神社の鶏
出展:石上神宮

古来から鳥は、天と地を結ぶ存在として知られて来ました。鳥の中でも有名なものが「鶏」です。鶏は伊勢神宮や奈良県にある石上神社(いそのかみじんじゃ)の神使として知られています。

天岩屋(あまのいわや)の前で鳴いて夜明けを告げた「鶏」は、「常世国」(とこよのくに)に住む鳥とされ、伊勢神宮の神事においては、重要な役割りを果たしています。

神事に使われる鳥は、白い羽根があり、長い尾をもった鳥でなければならないとされています。これらの鳥は、伊勢神宮でも石上神社でも、境内に放し飼いにされております。

カラスを神使とする熊野神社

熊野神社の八咫烏
出展:ALis

熊野神社の神使は「烏」(カラス)です。

八咫烏

神話によれば、初代の神武天皇が熊野に上陸した際に、大和まで先導したとされているのが「八咫烏」です。「八咫烏」(やたがらす)は三本足の烏で、太陽神の使いでもあるとされています。

熊野本宮大社の牛王宝印

熊野三社には、「牛王宝印」(ごおうほういん)という護符がありますが、その護符の文字は、烏の絵によって書き表す「烏文字」という、とても珍しいものです。

●牛王宝印とは?
文字のひとつひとつが数羽の烏で表現されている護符で、熊野の「牛王宝印」は俗に「おカラスさん」とも呼ばれています。

熊野牛王神符は、熊野信仰の人々をあらゆる災厄からお守り下さる御神符といわれております。

鳩を神使とする八幡神社

鶴岡八幡宮

八幡神社の神使は「鳩」です。

八幡神社の神使が「鳩」なのは、八幡神が出現したとき、幾度となく変身をし、最後にには金鳩になったという言い伝えによるものです。

八幡神社では、屋根飾りや社殿の彫刻にも鳩がきざまれております。また八幡神社の額束(がくづか)の八という文字が二羽の鳩でデザインされていて、とてもユニークです。

猿を神使とする日吉大社・日枝神社

福岡県 日吉神社

日吉大社や日枝神社の神使は「猿」で、「まさる」と呼ばれており「魔が去る」あるいは「勝る」という意味が込められているそうです。

日吉神社への信仰は、「山王信仰」と言われますが、「山王信仰」は日光東照宮とも関係があります。日光東照宮にも、たくさんの猿がおります。

豊臣秀吉は「猿」というあだ名で呼ばれていましたが、その姿が猿に似ていたからというだけでなく、秀吉の「山王信仰」が篤かったからだと言われております。

●山王信仰とは?
比叡山の麓にある「日吉大社」の御祭神「山王権現」に対する信仰で、最澄が比叡山を開いた時、唐の天台山国清寺に祀られている「山王祠」の例にならって、地主神「大山咋神」(おおやまくいのかみ)を「山王神」として祀り、延暦寺の守護神としたことに起こります。

海蛇を神使とする出雲大社

出雲大社

出雲大社の神使は、とても特殊な「海蛇」です。

出雲大社では「神在祭」(かみありさい)のときに、海辺に打ち上げられる海蛇を神使としていますが、出雲の海蛇は神使というよりは、神そのものと信じられているようです。

この海に打ち上げられる海蛇を神そのものとして信仰するのが出雲地方に伝わる「龍蛇神」信仰と言われているものです。

龍蛇神

コメント

タイトルとURLをコピーしました