神社にお参りする時の方法は?マナーや作法を身につけましょう!

参拝の作法とマナー

神社の境内は神聖な場所ですが、私たち日本人にとっては、とても身近な場所でもあります。
神社を訪れて、何となく「お参りしなくては」と思ってただ手を合わせている方も多いのではないでしょうか?神社にお参りする時には、正しい作法とマナーがあります。最低限の基本を身につける事で、神様への願いを叶えてみましょう。

スポンサーリンク

神社にお参りする時の手順と作法

1.鳥居のくぐり方
参拝に行く時は、まず鳥居をくぐる前に一礼します。
鳥居は家に例えれば、入口・玄関にあたります。人の家を訪問した時には、玄関で挨拶するのと同じ意味あいを持ちます。

参拝を終えて帰る時は、鳥居をくぐったら振り返って一礼します。

2.参道の歩き方
参拝する時、鳥居から参道に進んだら、参道の左側を歩きます。
その理由は、参道の中央は神霊の通り道、いわゆる「正中」(せいちゅう)であるという考え方から、参道の中央をさけて通る事は、神様に敬意を払うということになります。

参道は、できる限り横切らない。どうしても横切らなければならない時は、社殿に軽く会釈をしてから横切りましょう。これも神様に敬意を払うという事になります。

手水舎
出展:御朱印めぐり,com

3.手水舎で心身を清める
手水舎で手と口を清め、心身も清めます。

4.拝殿の鈴
拝殿に鈴があれば、3回鳴らします。
これは、神様の注意を引くためだと言われております。

5.賽銭を入れる
賽銭はできる限り「賽銭箱」の近くから下手で、静かに入れます。賽銭を入れる時は、できれば賽銭の音がするように入れましょう。鈴の音や賽銭を入れる時の音も、清めの一つとされています。

6.拝礼の仕方
拝殿の前で、拝礼を行います。「2礼2拍手1礼」を行います。
拝礼は、できる限り深く腰を曲げ、丁重に行います。拝礼は、1礼目より2礼目を深くするのが望ましいとされています。

柏手は、しっかりと2回打ちます。柏手の音も、やはり清めとなりますので、手を抜かずに行って下さい。柏手を2回うった後は、そのまま手を合わせて、参拝ができた感謝と願い事を伝えます。

スポンサーリンク

礼の意味と柏手の打ち方

柏手
出展:廣田神社

拍手のことは、柏手(かしわで)」と言います。
『魏志倭人伝』には、手を打つことが、神様への敬意を示す方法とされています。

また、礼は『古事記』や『日本書紀』に、深く頭を下げることが神様に敬意を示す方法の一つとして書かれています。

柏手を打つ時は、右手を左手の第一関節位まで下にずらします。この意味は、左手は人間の霊魂を表し、右手は人間の肉体を表しています。これは、「霊主体従」という神道の思想を表現するものです。

これは、霊魂が肉体より上位にある事を意味しています。右手を左手より下にずらして柏手を打つ意味は、神霊に対して深い敬意を払うことになるからです。

※「霊主体従」とは、霊の世界が先にあってそれに現実世界が従うと言う事 。つまり、霊界で起こったことが、この三次元時空間世界に映し出されているという宇宙の永遠の法則の事です。

スポンサーリンク

玉串拝礼の作法とは?

普通の神社参拝は、 お賽銭を上げて拝礼 するのみですが、特別な祈願は、社殿に上がって参拝をします。玉串は、玉串拝礼という形で自らの気持ちをこめてお供えして、お参りをするということです。 「玉串は神に敬意を表し、且つ神威を受けるために祈念をこめて捧げるものである」と されています。

玉串
出展:宮地嶽神社

1.玉串を受け取る
玉串を受け取る時は、まず右手を上から、左手は下から持ちます。

2.玉串案の前に進む
玉串を胸の高さに持ち、神前の玉串案の前に進み、軽く一礼をします。

3.玉串を持ち替える
玉串を時計まわりに廻してから、立てます。

4.祈念する
左手を下げ、祈念を込めます。

5.玉串の向きを変える
左手で玉串の根元を時計まわりに廻し、右手は玉串の真下に添えます。

6.玉串を玉串案にのせる
玉串を神殿の案(台)にのせる。

7.礼をする
二拝をします。二拝というのは、二度深く礼をするというこです。
神様に敬意を表すために行います。

8.柏手をうつ
二回、柏手を打ちます。
柏手も神様に敬意を表すものです。

9.礼をする
一拝します。 一拝 というのは、一度深く礼をすることです。

10.礼をする
軽く神殿に向かい一礼します。

スポンサーリンク

神社参拝時のお賽銭のマナー

昔は、 もともと御神前には海や山の幸が供えられていました。 神様にお祈りする際には、米も備えていましたが、 貨幣が流通するとともに、お賽銭が供えられるようになりました。現在も米を紙に包んだ「おひねり」を供える習慣が残っています。

お賽銭の相場は?

お賽銭
出展:しきたり

お賽銭に相場はありません。参拝をする本人の気持ちが大切です。お賽銭箱に高額な紙幣を入れる方もいらっしゃるようですが、強いお願い事があるのでしたら、神殿にあがって参拝するご祈祷をされるのが良いと思います。

お賽銭はあくまでお賽銭であり、神様にお祈りする気持ちと姿勢を大切に参拝することが重要なのです。お賽銭事情については、いろいろな調査やアンケートが実施されているようですが、実際は100円前後が一番多いようです。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました