スポンサーリンク

修験道とはいったい何か?山岳信仰に由来する日本独自の宗教とは?

神様のコラム

日本古来の山岳信仰は、「秀峰」や「峻険」(しゅんけん)な山岳を「神の宿る山」としていたことに端を発します。

山という存在は、身近な存在であると同時に、祈りを捧げる対象でもあり、また「峻険」な山に人が入ることは禁物でした。人が山に入ることは、神域を汚す行為であるとされていました。

今回は、そんな古来から続く山岳信仰から発展した日本独自の「修験道」について簡単に解説したいと思います。

スポンサーリンク

日本独自の修験道とは、いったい何か?

兵庫県 伽耶院の採燈大護摩供
出展:ウィキペディア

修験道とは、日本古来の山岳信仰や仏教、そして中国の民衆の宗教である道教などが融合してできた日本独自の山岳宗教のことを指します。

修験道は、深い山岳に分け入り、山を御神体として自然を拝み、更には自らも自然の中に溶け込んで、煩悩を祓い過酷な修行で得た験力を駆使して、「祈念」「修法」「呪文」を通し、時には霊魂とも向き合い「衆生の救済」を目的とするものです。

修験道においては、開祖を「役行者」(えんのぎょうじゃ)として仰ぎ、修業をする者のことを 「修験者」或いは「山伏」とも言い、神に祈り、また仏を拝むという、神仏習合の独特の世界観のもとに様々な儀礼を行っています。

修験者の修法の一つに「加持祈祷」というものがあり、神仏と一体化を図るという観念のもとに、「現世利益」の為に護摩法など、あらゆる修法を施して民衆と深く関わっています。

日本に古来からある山岳信仰は、秀峰や峻険(峻険)な山岳を「神の宿る山」として神聖視していたことに端を発します。国土の大半が山地である日本においては、山は身近な存在であると同時に仰ぎ見て祈る対象でもありました。

日本において古くは、峻険な山岳に立ち入ることは禁物とされていました。人が山に入ることは、神域を汚す行為とみなされていました。平地に生きる人々が山に入るようになったのは、道教や仏教が日本に伝来してからになります。

道教や仏教が山林修行を重要視したため、その教えを学んだ人々が、徐々に山に入って修行するようになります。

霊峰「白山」は修験道の聖地!神仏習合の女神を祀る加賀一之宮!
森羅万象に神域を見出した古代の日本人にとって、「富士山」「大仙」「立山」などの秀峰は、神の宿る山として山岳信仰の対象でした。「白山」もその秀峰のひとつ...
出羽三山神社は山岳信仰の聖地!東北の修験道の中心で厳格かつ神秘的!
出羽三山神社は東北地方の厳しい自然の中にあり、霊峰に抱かれた山岳信仰の聖地と言われております。出羽三山は出羽丘陵の主要部を占める山岳を指します。「羽黒山」「月...
スポンサーリンク

山林修行と修験のルーツ

宮城県 飯野山神社の水行
出展:飯野山神社

山林修行というのは、「山」「岩」「滝」「動植物」などの自然に宿る神霊を感得し、神霊の持つ霊的な力を自身の身に宿すことを言います。

修験道の開祖とされる「役小角」(えんのおづの)またの名を「役行者」(えんのぎょうじゃ)や、白山の開祖である「泰澄」といった人が初期のころの修行者の代表です。

やがて、天台宗と真言宗が伝来し、密教が日本の仏教の主流となります。密教の僧侶のうち、山林修行によって、「験」(げん)を「修」にあらため、加持祈祷に堪能になった修行者が「修験者」とされたのです。これが「修験」のルーツと言われています。

「修験者」は、山に伏して修行をしたことから「山伏」とも呼ばれるようになりました。

役行者とも呼ばれる「役小角」(えんのおづの)とは

役行者
出展:平群町

「修験道」の開祖は、「役行者」(えんのぎょうじゃ)とも呼ばれている「役小角」(えんのおづの)という人物です。

「役小角」(えんのおづの)は、 奈良時代に吉野の金峯山で「金剛蔵王権現」を感得し、修験道の礎を築いたと言われています。

続日本紀によれば、小角は舒明天皇6年(634)、大和国茅原の里で生まれたといわれています。父は神道の大家である出雲の豪族である賀茂氏で、母は地元の豪族葛城氏の娘「白専女」(しらとうめ)ともいわれ、生まれつき不思議な子供だったようで、数々の神秘的な言い伝えが残されています。

「役小角」は、幼少の頃から金剛山・葛城山に入って修行をしていましたが、17歳のとき、
「元興寺」(がんごうじ)(現在の飛鳥寺)の僧「慧観」(えかん)より、「孔雀明王経」(くじゃくみょうおうきょう)を授かり、19歳のとき「生駒明神」より託宣を受けて生駒山に登るなどした後、大峯山の奥深くに分け入り、厳しい修行に明け暮れました。その後、吉野金峰山において、悪魔を降伏させ、衆生を救う仏として、蔵王権現を感得したといわれています。

スポンサーリンク

修験道の霊山には必ず神社も鎮座している

日光 二荒山神社 本殿
出展:リゾートガイド

修験道は神仏習合の思想のもと、日本の神々を取り込み発展していきます。「天照御大神」(あまてらすおおみかみ)「素戔嗚尊」(すさのおのみこと)「大山津見神」(おおやまつみのかみ)「木花開耶姫命」(このはなさくやひめのみこと)など、記紀神話に登場する神々のほかにも、「三宝荒神」(さんぼうこうじん)「龍神」や、日本各地に存在していた「地主神」など、土俗的な神も祀られました。

この結果、修験道の霊峰には、必ず神社も存在しているのです。有名なところでは、「出羽三山神社」や、日光山の「二荒山神社」、箱根山の「箱根神社」戸隠山の「戸隠神社」などです。

出羽三山神社は山岳信仰の聖地!東北の修験道の中心で厳格かつ神秘的!
出羽三山神社は東北地方の厳しい自然の中にあり、霊峰に抱かれた山岳信仰の聖地と言われております。出羽三山は出羽丘陵の主要部を占める山岳を指します。「羽黒山」「月...

コメント

タイトルとURLをコピーしました