スポンサーリンク

正月の習わしの意味とは?一年で最も盛大な新年を迎える行事!

年中行事

正月は日本人にとって最大の年中行事の一つです。新年を迎えるための準備は結構忙しいものです。正月の習わしは、毎年なんとなく行っているという方も多いと思います。

新年を迎えるにあたり、年越しの準備に始まり、大晦日、元旦、松の内と、いろいろな行事が控えています。これらの行事の中にある、儀式における習わしの意味とはいったい何なのでしょうか。

今回は、正月の習わしの意味と、年越しの準備に必要なものから、元旦、松の内に行う行事について解説したいと思います。

スポンサーリンク

正月の習わしの意味とは何か?

日本人は正月の元旦を迎えると、「あけましておめでとうございます」という言葉から始まります。日本中で聞かれるこの言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか?

実は、この「あけましておめでとうございます」という言葉は、「歳神様」を家にお迎えしたときに述べる「祝福の言葉」だとされています。

「歳神様」は新しい年に実りをもたらし、また人々に命を与えてくれる神様なのです。正月は、そんな「歳神様」をお迎えし、お祝いする行事なのです。

お正月には、素晴らしい1年を過ごすために、古くから「歳神様」をお迎えするという習わしがあります。「歳神様」は、正月に家に訪れ、あなたや家族を守ってくれる神様なのです。

スポンサーリンク

新年を迎えるための大掃除の意味とは?

熱田神宮の煤払い
出典:朝日新聞デジタル

もともと大掃除というのは「煤払い」(すすはらい)のことです。昔の家は「囲炉裏」や「かまど」があり、家の中が煤だらけになるので、煤を払うということは、具体的に言えば掃除をすることでもありました。「払う」という言葉には、清めるという意味があります。

「煤払い」をする日は、いろいろな説がありますが、一般的には12月13日に「煤払い」を行います。旧暦の十二月十三日は、「鬼宿日」(きしゅくにち)だったので、江戸時代には、江戸城で煤払いが行われるようになり、それが一般に広がったといわれています。

●「鬼宿日」とは?
インドの星占いから起こった語で、陰暦(月のみちかけを主とし、太陽の運行をあわせ考えて作った暦)で鬼宿(一)に当たり、その星が守護するという日のことを指します。嫁取りのほかは、万事に大吉とされているのです。

では、なぜ吉日を選んで「煤払い」をしたのでしょうか? それは、「煤払い」というのは単なる掃除ではなく、新年を司る「歳神様」を迎えるための神聖な清めの行事だったのです。現在、「煤払い」と言えば、神社やお寺の「煤払い」を思い浮かべると思います。

従って、年末に行う「大掃除」の意味は、「歳神様」をお迎えするために、清めるという意味で大掃除を行うのです。

また、各ご家庭でも神棚の掃除をして、「伊勢の神宮」と「氏神様」の新しい「お神札」をお祀りする準備をしましょう。 古い「お神札」は、それぞれ各神社に納め、新しい「お神札」をいただきます。伊勢の神宮の「お神札」(神宮大麻)は全国の神社でいただくことができます。

スポンサーリンク

門松の意味とは何か?

門松
出典:日本の門松

新年を迎えるための準備は十二月十三日から始め、二十八日までには終わらせるとされています。十二月十三日は、「正月事始め」と呼ばれ、「歳神様」をお迎えする準備を行います。

「歳神様」は、新しい年の命を授けてくれる神様なのです。

古くからの習慣で、十二月十三日には「松迎え」が行われていました。これは、門松などの「正月飾り」に使う松を山に取りに行くことです。また、地域によっては、「歳神様」を山からお迎えするという意味で使われている場合のあります。

「門松」は、「歳神様」をお招きするための「目印」とされています。また、「歳神様」がよりつく「依り代」であると考えられています。

松に三本の竹を立て、梅の枝をあしらった「門松」が現れたのは、江戸時代になってからだと言われております。門前に左右一対で飾られるようになったのも江戸時代のようです。向かって左側の「門松」を「雄松」(おまつ)、右側の「門松」を「雌松」(めまつ)と言います。

スポンサーリンク

門松を飾る日はいつからいつまで?

住吉神社の門松
出典:ウィキペディア

「鏡餅」や「門松」などの正月飾りは、十二月二十八日までに飾るのが良いとされています。
何故、二十八日までかというと、二十九日は「二重苦」とも言われ、三十一日は「一夜飾り」という、礼を逸した行為と考えられていたからです。

門松の飾りはじめの時期

「門松」を飾る準備は、できれば十二月十三日から十二月二十八日までの間に行って下さい。
「門松」は神様の依り代として飾るものですから、新年の前日にあわてて飾ったのでは、神様をないがしろにしているとされるので、遅くとも前々日である、十二月三十日には設置を完了するようにしてください。

門松を片付ける時期

門松は、一般的には「松の内」が終わる一月七日で片付けます。近年の「松の内」は、一月七日とすることが多いようですが、かつては一月十五日までが「松の内」とされていました。地方によっては現在も一月十五日までを「松の内」としているところもあるようです。 

門松の処分方法

どんど焼き

「門松」や「正月飾り」をしまって、翌年も使えるようにする家庭も増えてきているようですが、本来は、毎年、使った「正月飾り」はその年に処分して、また翌年には新しい正月飾りを飾るというのが決まりです。

従って、今年「歳神様」をお迎えするにあたり、使った「正月飾り」はきちっと今年中に処分するようにしてください。

神社のおたきあげ納所

三つの正月飾りの処分方法

  1. どんど焼きで処分する
  2. 神社やお寺の「おたきあげ納所」で処分する
  3. 一般ごみとし処分する

「松の内」に取り外した正月飾りは、「どんど焼き」で焚き上げてもらうというのが正式な処分方法になります。

スポンサーリンク

注連飾りと鏡餅

正月飾りで必要なものといえば、「注連飾り」と「鏡餅」です。この二つのお飾りの意味とはいったい何なのでしょうか。

注連飾り(しめかざり)

鏡餅

コメント

タイトルとURLをコピーしました