スポンサーリンク

初詣とはいつまでにすればいいの? 意味や参拝方法を解説!

年中行事

今年こそは心機一転、初詣に行くぞ!と決めている方もいらっしゃることと思います。

初詣ですから、できるだけ早く行きたいものですが、実際は、初詣とはいつまでに行けばよいものなのでしょうか。せっかく参拝に行くのですから、初詣の意味や参拝方法を知っておくとより多くのご利益がいただけると思います。

そこで今回は、初詣とはいつまでにすれば良いのか?その意味や参拝方法についても解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

初詣はいつまでにすればいいの?

春日大社の初詣風景
出展:東武ワールドスクエア

初詣に行く日には、特に決まりというものはありません。一般的には、正月の「三が日」か「松の内」に行けば良いとされています。

現在では、元旦の食事が終えてから初詣に行くのが一般的となっています。また、「松の内」までに済ませるとされています。

松の内までは、初詣の人々で寺社は大変込み合います。特に正月の三が日は猛烈に混雑しますので、人込みを避けるために、なるべく遅くに初詣に出かけるという人々も多いようです。

東京の「明治神宮」や「浅草寺」、京都の「伏見稲荷神社」、三重の「伊勢神宮」、福岡の「太宰府天満宮」など、人気の寺社は特に込み合いますので 、初詣に行く日にちと時間には注意が必要です。

松の内とは?

「松の内」の意味は、「門松」などの正月飾りを飾る期間のことを意味しています。

正月に飾る「松飾り」(又は門松とも言います。)を立てておく期間のことを「松の内」と言います。年の暮れに「松飾り」「門松」を立ててお迎えした「歳神様」に滞在していただく期間のことで、「松を取り付けている間」あるいは、「神様に待っていただく間」などの意味と言われています。

一般的には一月六日までが「松の内」とされ、「松飾り」「門松」を一月六日の深夜、あるいは一月七日の早朝に取り払うこととされています。しかし、地域によっては十四日の深夜、あるいは十五日の早朝に取り払うところもあり、地方によって異なっています。

また、新年に入って初めて出合った人に、新年の挨拶を交わすのも「松の内」までです。

門松とは?

門松
出展:門松

新年に幸福を授けに降りてくる「歳神様」が迷わないための目印が「門松」です。

昔は「木のこずえ」に神が宿ると考えられていました。「門松」は「歳神様」を家に迎え入れるための「依り代」という意味があります。「松は千歳を契り、竹は万代を契る」と言われ、松と竹で「神の依代」の永遠を願うものです。

玄関前や門前に左右に対で「門松」を立てるようになったのは、江戸時代頃からのようです。玄関に向かって左側に「雄松」、右側に「雌松」を用います。「雄松」とは、どっしりとした樹形の「黒松」のことで、雌松とは、樹形も優しい「赤松」のことです。

スポンサーリンク

初詣の意味と由来について

初詣
出展:MOL

初詣とは、もともと元旦の一月一日に、初めて寺社に参詣し、その一年の幸せを祈願することを言います。 かつては、大晦日の日没を年の区切りとしていましたので、初詣は大晦日の夜に行われていました。

現在でも大晦日の夜に家を出て、新年を迎えてから参拝する「二年参り」の風習が残っている地域もあります。新潟県や長野県などがその例です。なお、新年が午前零時に始まるという考え方が一般化してから、元旦の朝に社寺にお参りするようになりました。

初詣は古来からあるように思われがちですが、実は、その歴史は意外と浅く、元旦に社寺にお参りするようになったのは、明治以降になってからと言われています。

初詣のルーツは恵方詣

歌川豊国「春曙恵方詣」
出展:https://blog.goo.ne.jp/pahsuke2/e/e4dd5edbd35b99bf0c6f165e51bb58c3

恵方詣は、恵方参りとも言います。その年の縁起が良いとされる方角に祀られている神社や寺院を詣でることを指します。

歳神様は恵方の方角からやって来るとされています。 恵方詣は、家で歳神様を待つのではなく、自らが出向くことで福を招こうとする習慣です。この恵方詣は江戸時代の中頃から、庶民の間で流行したと言われております。

初詣のルーツは、この恵方詣であったと言われています。

関西の方は節分に「恵方」に向いて海苔巻きを食べる風習があるので、身近なことかもしれません。

スポンサーリンク

初詣の参拝方法

初詣はもちろんのこと、人生の節目に神社にお参りする機会は多いものです。日本の「しきたり」をきちっと守って参拝することで、神様にお近づきになれるのではないでしょうか。

参拝で最も大切なことは、参拝をする前に精神状態を安らかにすることです。嘘や偽りのない心をもって、参拝するように心がけることが大切です。

神社参拝のマナー

  • 鳥居をくぐる前に衣服を整え、一礼
  • 参道を歩く時は真ん中を歩かない
  • 神様に会う前には「手水舎」で心身を清める
  • 参拝(一般参拝)をする時は二拝二拍手一拝が基本

拝殿にある鈴は、その音で邪気を払い、神様を呼ぶとされています。鈴の音を神様に奉納する意味もありますので、できる限り鳴らすようにしましょう。

「お賽銭」は神様に真心を捧げるしるしです。
二拝(深いお辞儀を2回)二拍手(拍手を2回)一拝(もう一度深いお辞儀)の作法で拝礼します。会釈をしてその場をあとにします。

神社にお参りする時の方法は?マナーや作法を身につけましょう!
神社の境内は神聖な場所ですが、私たち日本人にとっては、とても身近な場所でもあります。神社を訪れて、何となく「お参りしなくては」と思ってただ手を合わせている方も...

初詣は神社?それともお寺?

初詣は神社とお寺のどちらに行っても構いません。初詣は、あなたが住んでいる場所の守り神である「氏神様」や菩提寺へ新年のあいさつをするわけですから、神様でも仏様でも、どちらでも構いません。ちなみに、関西では神社への参拝が一般的ですが、関東では寺院に参拝する人も多いようでです。

新年のお参りは、まずは自宅の神棚とご先祖様にご挨拶をしてください。次に地元の神社、その他の神社という順番で参拝してください。

地元の氏神様は、産土(うぶすな)神社とも呼ばれ、縁あって生まれた土地の神様ですから、大切に思う気持ちを忘れないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました