スポンサーリンク

京都の藤森神社は馬の神社!腰痛も治るというパワースポット!

暮らしの神様

藤森神社は、勝利の神様として多くの人々に信仰されています。
駈馬神事(かけうましんじ)から馬と勝利の神社として、競馬関係者から崇敬されています。境内には神馬の像や、ナリタブライアン、トウカイテイオーなど、歴代名馬の絵が奉納されています。また、競馬絵馬や競馬関係の授与品も多いので、競馬ファンの参拝が絶えません。

なお、藤森神社の境内には「いちいの木」があり、お参りすると「腰痛」が治ると言われている、パワースポットでもあります。

また、日本最初の学者とされる「舎人親王」を御祭神としているので、「学問の神」としても信仰されています。

スポンサーリンク

馬の神社と言われる理由とは?

駈馬神事
出典:まさとの写真館

毎年5月5日に行われる「藤森祭」は、「菖蒲の節句」発祥の祭と言われ、各家庭に飾られる武者人形には、「藤森の神」が宿るとされています。

「菖蒲」は「尚武」に通じ「尚武」は「勝負」に通じると言われ、「勝運を呼ぶ神」として信仰を集めています。「藤森祭」に奉納される「駈馬神事」が「馬の神事」であることから、「馬の神」として信仰され、馬主や騎手、そして競馬ファンの祭典が毎年行われ、多くの人々が参拝されています。

スポンサーリンク

藤森神社を参拝すると腰痛も治る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました