スポンサーリンク

如月は旧暦の2月で和風月名!意味や月間行事を簡単に解説!

年中行事

如月(きさらぎ)は2月を表し、旧暦の月名で和名でもあり「和風月名」と言います。読み方は(きさらぎ)です。カレンダーには、旧暦の月名を表示してあるものもありますので、どこか頭の片隅に記憶が残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、2月を表す旧暦の月名である「如月」(きさらぎ)の意味や由来、語源や別名についてまた、月間に行われる行事を抜粋して、分かりやすく簡単に解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

2月を如月と呼ぶ意味と和風月名について

2月は季節の大きな変わり目で、一番寒さが厳しい時期にもあたります。「如月」(きさらぎ)の名前は、寒さをしのぐために着物を更に重ねることから、「衣更着」(きさらぎ)、あるいは、陽気がだんだん良くなり始めることから「気更来」(きさらぎ)と言う説があります。

現在の表記「如月」になったのは、中国で2月を意味する「じょげつ」を当てただけと言われています。

この時期は、冬の陰気を払う時期とも言われていますので、運気を呼び込んでみてはいかがでしょうか。

和風月名とは何か?

旧暦では「和風月名」(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名を使用していました。和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の暦でも使用されることがありますが、現在の季節感とは1~2ヶ月ほどのずれがあるようです。

スポンサーリンク

旧暦一覧表

旧暦の月名と意味を一覧表にしました。

和風月名意味
1月睦月(むつき)家族や親戚一同が仲睦まじく集い喜び合う季節
2月如月(如月)寒さのため着物を更に重ねることから「衣更着」と言われる
3月弥生(やよい)草木弥生月の略省 弥は、ますますと言う意味
4月卯月(うづき)卯の花が咲くころを指します
5月皐月(さつき)稲の苗を植える月という意味の「早苗月」(さなえつき)の略
6月水無月(みなづき)梅雨により「天に水がなくなる月」、田に水を張る「水の月」の略
7月文月(ふみづき)七夕行事にちなみ短冊に詩歌などの文を書いたことに由来する
8月葉月(はづき)葉が散る頃、または、稲穂が張る月「張り月」が転じたとも言われる
9月長月(ながつき)夜が長くなり「夜長月」(よながつき)が語源とされる
10月神無月(かんなづき)
11月霜月(しもつき)
12月師走(しわす)

旧暦の月の覚え方

スポンサーリンク

如月の意味と由来・語源・別名について

如月の意味と由来

如月の語源と別名

スポンサーリンク

如月に行われる月間行事

初午(はつうま)

コメント

タイトルとURLをコピーしました