スポンサーリンク

狛犬はファンがつくほど大人気!社殿を守るその意味とは?

神社の見方

神社に参拝に行くと、必ずといって良いほど目にするものがあります。それは「狛犬」です。
狛犬は、ファンが付くほどの人気だと言います。ほとんどの神社には拝殿前に一対で鎮座しています。狛犬は知っているけど、その意味や起源、そして、その役割についてはご存じない方も多いのではないでしょうか?今回は意外に知らない「狛犬」について、ご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

狛犬って何?阿吽(あうん)ってどういう意味?

狛犬:左が「吽形」・ 右が「 阿形 」
出展:株式会社あらい

神社の拝殿の前や入口鳥居の前に鎮座する一対の「狛犬」は、実は、拝殿に向かって左側に鎮座する「口を閉じた方」だけが「狛犬」なんだそうです。それでは、右側に鎮座する方は、いったい何と言うのでしょうか?

それは、「獅子」なんだそうです。

顔つきを見ても、左側の口を閉じた「狛犬」と右側の口を開けた「獅子」のどこがどう違うのでしょうか?私にも良く見分けがつきません。

左側の「狛犬」は、口を閉じる吽形(うんぎょう)を示しており、角が生えているのが本来の姿なんだそうです。そして、右側の「獅子」は、口を開けている 阿形(あぎょう)を示しています。

実は「狛犬」は、空想上の霊獣である守護獣像ですが、日本の神社においては、左右別の形をした「狛犬」のほうが少ないと言います。 形は、「阿吽」共に狛犬というより、むしろ獅子に近いものが多いそうです。

「狛犬」と「獅子」がいるのに何故両方あわせて「狛犬」と呼ぶのでしょうか?
それは、ただ単に「獅子と狛犬」の獅子が消え、単に「狛犬」としての呼び方が定着しているだけの理由です。

狛犬の阿吽(あうん)の「」とは、全ての始まりを意味し、うんとは全ての終わりを意味しているそうです。つまり、阿吽あうんの一対で始まりと終わりを表しており、この世の全てを表現していると言われております。

スポンサーリンク

狛犬の起源とは?

東京国立博物館 表慶館 のライオン像
東京国立博物館公式HP
東京国立博物館の吽形ライオン像
出展:晴れの日!曇りの日!

いろいろと説はあるようですが、そのルーツはインドやエジプトにあると言われています。

話は遡りますが、古代インドにおいては、仏の両脇に守護獣としてライオンの像を置いたのが狛犬の起源とされています。 また、古代エジプトやメソポタミアにおいては、神域を守るライオンの像もその源流とされています。

東京国立博物館の阿形ライオン像
出展:晴れの日!曇りの日!

狛犬の起源は、古代オリエント諸国やインドに遡るライオンを象った像で、「聖なるもの」神や王の守護神としてライオンを用いる事が流行ったと言われております。エジプトの「スフィンクス」もその一例ではないでしょうか。

スポンサーリンク

狛犬が社殿を守る理由とは?

その神社のご祭神の使いを仰せつかった動物のことを、「眷属けんぞく」と言い、神意を代行して現世と接触する特定の動物のことで、「神の使い」とも言います。 「狐」「牛」「猿」「鳩」「海蛇」など神社によって眷属が違います。

鳥居の先にいる狛犬
出展:御朱印 神社メモ

狛犬は「眷属」とは違い、邪気を祓(はら)い、神前(ご祭神)を守護する役目を担っている「守護獣」です。一般的には、鳥居をくぐった先に狛犬があり、狛犬は境内への邪悪なものの侵入を防ぐ霊獣と言われています。 しかし、鳥居の外側に置かれているものもありますが、その意味については定かではありません。

岐阜県 伊富神社の鳥居前の狛犬
出展:じゃらんNET

狛犬は、もともと平安時代には皇居の建物の中に置かれ、扉や簾、 敷物を押える道具の一つとして置かれており、その後、神社にも置かれるようになりました。最初は本殿の中に置かれていましたが、江戸時代以降になると本殿の扉の外や拝殿の前、鳥居の横など参道の途中など境内に置かれるようになりました。

狛犬が社殿の外に出てきたのは、江戸期の中頃になってからのようです。それ以前は社殿の中にいたもので、これを「社殿狛犬」と呼び、「参道狛犬」とは区別されていました。「神殿狛犬」は、ほとんどが木製であったとされています。

スポンサーリンク

キュートな「はじめ狛犬」は大人気!

岩手県遠野市倭文神社の「はじめ狛犬」
出展:狛犬ネット

江戸時代以降、庶民が神社に奉納するようになった石造りの狛犬は、「参道狛犬」と呼ばれていて、現在でもとても人気があります。また、「神殿狛犬」は天皇の守護獣として作られたので、一般の庶民は目にすることができませんでした。「参道狛犬」は、庶民が思いを込めて奉納したものが多く、私たちにとっては身近な存在となっています。

「参道狛犬」は江戸時代において、日光東照宮に寄進された狛犬がきっかけで、武士が狛犬を神社に寄進し始め、それが次第に庶民に広がり全国的に狛犬寄進ブームが起きたと言われています。

はじめ狛犬とはどんなもの?

はじめ狛犬
出展:狛犬ネット

江戸時代の像を制作する石工は、狛犬がいったいどんなものか知る由もありませんでした。
従って、ただの犬のような素朴な狛犬もたくさん作られました。「はじめ狛犬」というのは、江戸時代初期の石工が、伝聞や想像で造り始めたころの狛犬という意味です。全国的に散見できる「初期型狛犬」のことを指します。

スポンサーリンク

「はじめ狛犬」に出会える神社

「はじめ狛犬」は何とも愛嬌があり、素朴な味わいのある狛犬です。ですから多くの方々に愛され、人気があるのもうなずけます。

そんな「はじめ狛犬」ですが、やはり一度はお目にかかってみたいものだと思います。
そこで、どこの神社に行ったら、この「はじめ狛犬」に出会えるのでしょうか?

それでは、ご紹介してみようと思います。

はじめ狛犬 埼玉の神社

川越の仙波東照宮

川越 仙波東照宮 本殿
出展:川越観光ネット

仙波東照宮は日光東照宮、久能山東照宮と並ぶ日本三大東照宮の1つで、出世開運、商売繁盛のパワースポットとして知られています。 主祭神は徳川家康公で、本殿には木像の家康公像が祀られています。また、童謡「あんたがたどこさ」で有名な「肥後てまり唄」発祥の地と言われています。

仙波東照宮の入り口にある随身門(ずいしんもん)から本殿に至るまで、その全てが国の重要文化財に指定されています。

仙波東照宮の「はじめ狛犬」

仙波東照宮の「はじめ狛犬」
出展:関東神社仏閣
仙波東照宮拝殿と「はじめ狛犬」
出展:四季歩のつれづれ

拝殿の手前に鎮座する狛犬は、台座が低く小ぶりな狛犬で「はじめ狛犬」の特徴を持っています。この狛犬と手水鉢は、江戸城の「二の丸東照宮」が造営されたときに、徳川家光の命により仙波東照宮に移築されたとされています。

狛犬の台座には、年代は刻まれていませんが、手水鉢に寛永14年(1637)と年代がきざまれています。従って、埼玉県最古の狛犬の「はじめ狛犬」です。

スポンサーリンク

川越 仙波東照宮の基本情報

  • 郵便番号:350-0045
  • 住所: 埼玉県川越市小仙波町1-21-1
  • TEL: 049-222-1396
  • 営業日:日曜・祝日                              本殿や拝殿がある敷地内は、通常門が閉じられていることがほとんどですが、祭事やイベント時には開放されています。
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 料金:無料
  • 駐車場:喜多院の明星駐車場(境内にも無料駐車場あり)
  • 明星駐車場料金:土日祝日・・3時間まで500円  平日・・1時間200円
  • 明星駐車場営業時間: 12/1~3/17: 9:00~16:30 3/18~11/30: 9:00~17:00
  • 交通アクセス: 西武新宿線本川越駅から徒歩7分                  東武東上線・JR川越線川越駅から徒歩6分 ・関越自動車道 川越ICから車で15分

はじめ狛犬 東京の神社

東京赤坂 氷川神社
出展:赤坂氷川神社公式HP

東京 赤坂の氷川神社  

赤坂氷川神社の創建は天暦5年(951年)とされ、江戸七氷川の一社です。元大名屋敷だった赤坂に、江戸幕府第8代将軍「徳川吉宗」の命により遷されました。現在の社殿は、この時に造営されたものと言われ、東京都の有形文化財に指定されてます。

御祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、 大国主神(おおくにぬしのかみ)の三柱です。

素盞嗚尊は、日本神話の中で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した神様として有名です。
ですから「厄除け」の御神徳があります。また、大蛇を退治した時に救い出した「奇稲田姫命くしいなだひめのみこと」をお祀りしていることから、「縁結び」の神社としても崇敬されています。

また、「大己貴命」はあらゆる「むすび」の神様ですから、仕事や子宝などのご縁に恵まれて
いると言われています。

赤坂氷川神社は境内に七対の狛犬と2対の狐が鎮座しており、大変有名な神社となっています。
ここには、江戸時代に造られた「はじめ狛犬」がおりますので、一度参拝に訪れてみてください。

赤坂 氷川神社の「はじめ狛犬」

赤坂氷川神社の「はじめ狛犬」
出展:https://iwalkedblog.com/?p=6491
赤坂氷川神社の楼門
出展:PLAY LIFE

桜門の前に鎮座している「はじめ狛犬」です。この「はじめ狛犬」は、 1675年 江戸時代の延宝3年6月吉日建立となっており、東京都内で二番目に古い「参道狛犬」、いわゆる「はじめ狛犬」です。

赤坂氷川神社の基本情報

  • 郵便番号:〒107-0052
  • 住所:東京都 港区 赤坂6-10-12
  • TEL: 03-3583-1935
  • 営業時間:年中無休 6:00~17:30
  • 駐車場:境内に8台程度の駐車スペースがあります。(無料)
  • 交通アクセス(電車):千代田線の赤坂駅・日比谷線/大江戸線の六本木駅・南北線の六本木一丁目駅・銀座線の溜池山王駅から徒歩約8分
  • バスのアクセス:都営バスでアークヒルズ前にて下車 徒歩約8分

コメント

タイトルとURLをコピーしました