鳥居の意味とその役割って何?種類を知るともっと楽しくなる!

神社の見方

神社に行くと必ずあるものが「鳥居」です。私たちは、何気なくその鳥居を通り過ごしているような気がしますが、どうでしょうか?

日本にあるどんな小さな神社でも、必ずあるのがこの鳥居です。この鳥居って、そもそもどうして神社にあるのでしょうか?鳥居が神社に建てられた意味とはいったい何なのでしょうか?

また 鳥居には、さまざまな種類がありますが、ご存じですか?

今回は、この神社の鳥居について、お話してみたいと思います。

スポンサーリンク

鳥居の種類にはどんなものがあるの?

  • 神明鳥居(柱が垂直で笠木と貫も円柱)
  • 明神鳥居(笠木と島木に反りがある)
  • 靖国鳥居(貫が四角形になっている)
  • 伊勢鳥居(笠木が五角形になっている)
  • 春日鳥居(笠木の端が垂直になっている)
  • 台輪鳥居(島木の下に台輪がある)
  • 鹿島鳥居(貫が四角形で、柱から出ている)
  • 八幡鳥居(笠木の端が斜めになっている)
  • 山王鳥居(笠木の上部に合掌がある)
  • 三輪鳥居(横に脇鳥居が付属している)
  • 住吉鳥居(柱が四角形である)
  • 三柱鳥居(三基の鳥居を組み合わせたもの)
  • 両部鳥居(柱に袖柱が付属している)
  • 黒木鳥居(樹皮のついた木でできている)
  • 唐破風鳥居(笠木と島木が唐破風である )
スポンサーリンク

鳥居の意味とは?その役割と起源について

鳥居は神社のシンボルである事は、良くご存じだと思います。鳥居をくぐると神社に入る事ができます。大きな神社には、鳥居がいくつもあり「一の鳥居」「二の鳥居」というふうに呼ばれています。鳥居をいくつもくぐれば「ご利益」がより得られると言われています。

鳥居の意味とは?何故その名前がついたの?役割は何?

鳥居がどうして誕生したのか?どうして「鳥居」という名前がついたのか?その理由は、まだ詳細には解明されいません。しかしながら、鳥居が神域と俗世を区切る結界の役割りを果たしている事は事実です。

箱根神社/ 九頭龍神社新宮の芦ノ湖上の鳥居
出展:トリップアドバイザー

鳥居をくぐる意味は、神社に入って最初の「祓い清め」を行う大事な行為なのです。鳥居があれば、もうそこは聖域とみなされます。昔にさかのぼれば、神社に社殿ができる前から、鳥居はあったとされています。今でも箱根神社の芦ノ湖上にある鳥居や鹿島神宮の一の鳥居など、湖や海に向かってぽつんと鳥居が立っていたりします。

鳥居の起源やその名前がついた理由とは?

鳥居の起源は、神話から来ているという説があります。「天岩屋神話」(あまいわやしんわ)というものです。この神話は、「天照大神」を岩屋から引き出す為に、神々は「常世長鳴鳥」(とこよのながなきどり)という鳥を鳴かせることでした。どうして鳥を鳴かせたかというと、それは鳥の鳴き声が祓い清めとなる為でした。この鳥を止まらせた横木が「鳥居」になったと言うものです。

また他の説としては、神様の数は一柱・二柱と数えますが、古い昔は柱を神の依代(よりしろ)とする思想があり、「鳥居」はその柱が起源である。と言う説もあります。

では、いったいなぜそこが「鳥の居」とされたのでしょうか?

鳥の鳴き声が祓い清めとされたように、鳥は神使として天と地をつなぐ役目をすると考えられていました。鳥は人や神の霊魂を運ぶものだったのです。「鳥居」の原点と言うのは、この「鳥信仰」にあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

鳥居の種類はどれ位あるの?

鳥居の名称
出展:コトバンク

鳥居の種類は、一説によると60種以上あると言われています。大きく分けると二つに分かれます。一つは「神明鳥居」もう一つは「明神鳥居」と言うものです。

神明鳥居の特徴

 ・鳥居の横木が直線である
 ・柱は垂直に伸びている

「神明鳥居」の代表格としては、伊勢神宮の鳥居です。この系統の鳥居は、他に貫が柱を突き抜けているもの。代表的なものでは、鹿島神社の鳥居です。また、笠木の先が斜めになっている「八幡鳥居」も、この「神明鳥居」の系統です。

伊勢神宮 内宮の神明鳥居
出展:http://o-tn02.holy.jp/tabi/ise/ise05.htm
鹿島鳥居(貫が柱を突き抜けている)
出展:https://kaiungoodfortune.com/kashimajingu

明神鳥居の特徴

・横木が反っている
・笠木の下に島木がある
・貫が柱を突き抜けている

「明神鳥居」は「神明鳥居」に比べると装飾的要素を含んだ鳥居です。

東京都 神田明神の明神鳥居
出展:seraphyの日記

「明神鳥居」の系統には、上部に合掌のある「山王鳥居」、柱に袖柱のついた「両部鳥居」があります。また、中央の鳥居の左右に脇鳥居のついた「三輪鳥居」という珍しい鳥居も存在します。この「三輪鳥居」はとても数が少なく、代表的なものは奈良県にある大神神社や、東京都の牛嶋神社、埼玉県の三峰神社です。そのほか、「三柱鳥居」という希少な鳥居もあります。この鳥居は、上から見ると三角形になるように組み合わされて鳥居です。

三柱鳥居は、京都府の「木嶋坐天照御霊神社」(このしまにみますあまてるみたまじんじゃ)や東京の「三囲神社」(みめぐりじんじゃ)があります。

京都府の 木嶋坐天照御霊神社
出展:travelog.jpn
東京 牛嶋神社の三輪鳥居
出展:https://ameblo.jp/falun1/entry-12047742142.html
東京都日枝神社の山王鳥居
出展:東京とりっぷ
鹿島神社の両部鳥居
出展:ウィキペディア

両部鳥居の両部の意味するものとは?

両部鳥居の「両部」とは、密教の「金胎両部」(金剛界・胎蔵界)のことで、神仏習合の神社に多く見られるものです。

スポンサーリンク

千本鳥居は何故こんなに多くの鳥居が並んでいるの?

稲荷神社には「千本鳥居」のように、多くの鳥居が立ち並びトンネルのようになっているものがありますが。どうしてこんなにたくさんの鳥居が立ち並んでいるのでしょうか?
外国人にも人気の鳥居です。

京都府の伏見稲荷神社
出展:traveler

これは江戸時代に、願い事が叶ったお礼として、鳥居を奉納する習慣が広まったためです。
上記画像のように、京都の伏見稲荷神社にある鳥居は、約一万碁の鳥居が並んでいます。その理由は、伏見稲荷の霊験があらたかという印です。江戸時代には、有力な武将による鳥居の奉納が多く、鳥居の存在がそれだけ重要な意味を持っていたと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました